日本リアライズ

8月20日!フェニックスバトル


 

2015.08.27
アスリート支援

みなさん、こんにちは。
横田です。

夏の終わりを感じる今日この頃。

みなさん、体調崩さずにお過ごしですか?

8月20日に後楽園ホールで行われた大橋ジム主催の「フェニックスバトル」へ応援に行ってきたご報告です。

みなさんももうご存知の方も多いと思いますが、スポーツ振興の一環として、日本リアライズがスポンサードさせていただいております大橋ジム所属の選手たちが出場した試合です。

まずはイケメンボクサーとして大注目!

昨年12月30日に見事、東洋太平洋スーパーフライ級王者となった松本亮選手。

今回の相手はメキシコの世界ランカールイス・メイ選手。

さすが、世界ランカー・・・

ではありましたが、5回、ルイス・メイ選手が松本選手のブロックでナント腕を骨折!

KOで勝利を収めました。

そして、次は老若男女に愛される、八重樫東選手。

この日は再起戦2戦目!

前回の再起戦はKO勝利を飾ることができましたが今回は・・・

1Rからボディを攻め、2Rから手数を増やしていき、前へ前へと出て攻めまくり!対戦相手のインドネシア、サイド・サイド選手も応戦しますが、八重樫選手が手数で圧倒!

そして3R!
右のカウンターでダウンを奪いました!

圧倒的な力の差を感じた試合でした。

八重樫選手もとても調子良さそうで、また世界挑戦を期待しないではいられません。

試合後には八重樫選手の子供たちもリング上へ。

私たちの席のすぐ横で、小さな体で「父ちゃん、頑張って~」と力いっぱい応援していたちびっ子ちゃんたち。

そんな様子を傍らで見ていて私たちも心の底から一生懸命応援しました。

最後は日本フェザー級王者の細野悟選手。

その強打から“バズーカ”の異名を持つ細野選手の3度目の防衛戦です。

KO勝利ではなかったものの、終始リードで終わってみれば判定3-0の圧勝でした。

派手な試合ではないですが、安定感抜群の細野選手でした。

今回は大橋ジム陣営全員勝利!

ということでおめでとうございます!!!

さてさて、最後に貴重な写真をアップ!

試合前の控え室の様子です。

恒例試合前の激励訪問。

代表大橋個人の写メをちょっと拝借。

もちろん私は控え室には入れませんよ、代表だからこその1枚です。

怪我療養中の尚弥選手ともパチリ!

次は井上尚弥選手の復帰戦に乞うご期待というところでしょうか。

それではみなさん、またお会いしましょう~

Ⓒ 2019 All right reserved by Nihon Realize Inc.
国土交通大臣(2)第8639号(社)東京都宅地建物取引業協会

Ⓒ 2019 All right reserved by Nihon Realize Inc.
国土交通大臣(2)第8639号(社)東京都宅地建物取引業協会