日本リアライズ

ワタナベボクシングジム所属選手の応援に行ってきました!


2020.04.08
アスリート支援

みなさん、こんにちは!
 
先日、弊社でスポンサーを務めているワタナベボクシングジムから
3選手が試合に出場するということで、社員一同、応援に行ってきました!!
 
 
まずはじめはスーパーフライ級 6R
ジャッカパン・セーントーン選手(タイ) VS 中山佳祐選手(ワタナベ)

中山選手は2011年7月にデビューして以来、15戦10勝(4KO)3敗2分という成績を残しています。
対して対戦相手のジャッカパン選手は、2012年5月にデビューして以来、8戦5勝(5KO)3敗という成績です。
 
こちらは2ラウンドTKOで中山選手の勝利となりました!!
 
 
次は、ミニマム級 6R
重岡銀次郎選手(ワタナベ) VS サンチャイ・ヨッブン選手(タイ)

重岡選手18歳 VS サンチャイ選手21歳と、
この日の試合では1番若い選手同士の試合となりました。

そして、重岡選手はなんと、この試合がプロデビュー戦!!
相手選手はプロデビュー後4戦4勝4KOの強敵!
 
パンチがとても早く観ている私たちがとてもどきどきしていましたが、
結果は・・・
3ラウンドTKOで重岡選手の勝利!!

 
プロデビュー戦で華々しく勝利を飾りました!!
 
 
最後に行われたメインの試合は、ライトフライ級 10R
京口紘人選手(ワタナベ) VS チボ・モナベサ選手(インドネシア)
 

前IBF世界ミニマム級の試合でチャンピオンとなり、ライトフライ級にクラスをあげた京口選手。
 
メインの試合ということもあり、会場の熱気がすごいことになっていました!
京口選手入場の際には音楽とともに旗が何本も掲げられ、
応援の方々、ファンの方々の歓声が会場に響き渡っていました!
 
京口選手は歴代試合で10戦10勝、そのうち7KOという脅威の功績を残しています。

 
試合が始まり、動きが見えたのは4ラウンド目でした。
スタート直後に京口選手がモナベサ選手のダウンを!
しかし、2度のダウンにも負けじと立ち上がるモナベサ選手。
そして3度目、京口選手がモナベサ選手のダウンをとり・・・
 
4ラウンドTKOで京口選手の勝利!!

 
会場中で歓声が湧き上がりました!!
勝利後のインタビューでは
「左フックで倒したことはあまりなかったのでよかった。ライトフライ級で必ず2階級制覇します」
と宣言していました。
 
 
選手のみならず、応援している方々も
一体となって戦っているのだと感じる試合でした。
 
応援している選手がいると、なぜか熱くなってしまいますね^^笑
 
試合を重ねるごとに強くなっていくワタナベボクシングジムの選手のみなさんを、
日本リアライズではこれからも社全体で応援していきます!

Ⓒ 2019 All right reserved by Nihon Realize Inc.
国土交通大臣(2)第8639号(社)東京都宅地建物取引業協会

Ⓒ 2019 All right reserved by Nihon Realize Inc.
国土交通大臣(2)第8639号(社)東京都宅地建物取引業協会