日本リアライズ

ロンドンオリンピック銅メダリスト☆清水聡選手 4度目の王座防衛に成功!


 

2020.04.08
アスリート支援

みなさん、こんにちは!
 
弊社がスポンサーをしている大橋ボクシングジムの第66回フェニックス・バトルがありましたので、ご報告です。
弊社代表と共に、社員一同応援に行ってきました。

 

2018年フェニックス・バトルの顔となった清水聡選手がOPBF東洋太平洋フェザー級4度目の王座防衛に臨む試合でもあり、どの試合もとても激しい試合運びとなりました!
 
 
全部で6試合あったのですが、まず最初は
中嶋一輝選手 vs 宇津見義広選手(ワタナベ)
7Rまで持ち越し激闘の結果、7R 7分27秒で中嶋選手のTKO勝利!

2試合目は
中澤奨選手 vs ジョン・ジェミノ選手(比国)
こちらは惜しくも1Rでジョン選手のKO勝利となってしまいました・・・
中澤選手の次回の試合に期待です!!

 
3試合目は
岡田誠一選手 vs 荒木貴裕選手(極東)
6R 1分8秒で岡田選手のTKO勝利!

 
4試合目は
桑原拓選手 vs 木山鷹守選手(渥美)
8Rの最後まで試合が行われ、最後の最後まで勝敗がわからないほど激しい戦いとなりました。
判定結果は・・・3-0で桑原選手の勝利!

5試合目は
溜田剛士選手 vs 丸田陽七太選手(森岡)
激しい打ち合いが続いたのですが、惜しくも5R 2分16秒で丸田選手のTKO勝利。
負けてしまっても声援が大きかった溜田選手。
日頃からとても愛されている選手なのだとわかる瞬間でした。次回の試合に期待です!

最終、メインの6試合目は
清水聡選手 vs 上原拓哉選手(アポロ)
清水選手はロンドンオリンピックで銅メダリストの実力を持つ選手です!
対する挑戦者上原拓哉選手は、デビュー以来無傷の16連勝、うち10試合はKO勝利。
全勝同士のサウスポーボクサーファイター対決となりました。

 

 
試合が動いたのは2R目。
清水選手が上原選手から2Rで3ダウン、3Rで1ダウンを奪い、3R 1分26秒で清水選手のTKO勝利となりました!
お互い相手の様子を見つつ進んでいた試合でしたが、急な試合展開に驚くばかり・・・!
オリンピック選手の底力を見せた試合でした。

 
大橋ボクシングジムの選手がはいているボクサーパンツには日本リアライズのロゴが!!
 
弊社日本リアライズでは、これからも大橋ボクシングジムの選手を応援していきます!
みなさまもぜひ、1度試合をご覧ください^^
 
では、またお会いしましょう☆

Ⓒ 2019 All right reserved by Nihon Realize Inc.
国土交通大臣(2)第8639号(社)東京都宅地建物取引業協会

Ⓒ 2019 All right reserved by Nihon Realize Inc.
国土交通大臣(2)第8639号(社)東京都宅地建物取引業協会